【ルアー】タチウオを防波堤からの上手な釣り方!自作の仕掛け作り方も解説! 

タチウオの釣り方や仕掛けに関する参考画像 釣りの仕掛け

スポンサーリンク

 

こんにちは!

 

夜釣りをしていると足元でキラキラしている、強いアタリが沢山あるのに釣れないって事ありませんか?

それもしかしらタチウオかもしれません。

 

私も経験があり、特にアジングをしている時にワームを使うのですが、アタリがあるのにアワセても針がかからないって事は数知れず、そんな時に足元の表層で食いついて来たタチウオを見てみるとワームを横噛みしているではありませんか!

 

それはどんだけアワセても釣れないと思い、簡単に釣れる方法はないかと考え、今回ご紹介する釣り方を考えました。

 

その方法をシェアしたいので今回は、

  • ルアーでタチウオを防波堤から上手に釣る釣り方
  • タックルのアクションの仕方
  • 必要なもの
  • 仕掛けの作り方
  • タチウオおすすめのタックル
  • タチウオおすすめのリール
  • タチウオおすすめのルアー

について紹介します!

 

初心者の方でも簡単に釣れる釣り方です。

釣りに素人の私の嫁もこのやり方は教えて釣れるようになりました。

なので初心者の方には特におすすめなので試して見てください。

 

↓実際に釣ったタチウオを捌いて見ました。

タチウオの防波堤から上手に釣る方法に関する参考画像

 

スポンサーリンク

防波堤からルアーでタチウオを上手に釣る釣り方を伝授!

タチウオは、スズキ目サバ亜目タチウオ科に属する回遊魚で、牙がとても鋭く一の皮膚も切り裂くほど鋭い牙を持った魚です。

何と大きいものでは全長2m超えもいるらしく、そんな大物のタチウオはドラゴンと称されています。因みに、タチウオは長さではなく太さサイズを測ります。

こんなタチウオを上手に防波堤からルアーを使って釣る釣り方を皆様に伝授します。

そのために、大事なことは2つあります。

  • ポイント選び
  • アワセ方

この2つさえあれば簡単に釣れます。

タチウオの防波堤から上手に釣る方法に関する参考画像

 

ポイント選び

タチウオは光に寄ってくると言われています。なので常夜灯付近がポイントになります。

あとは、そのポイントで実際にタチウオが釣れているかという情報を釣具屋やそのポイントにいるアングラーさん聞いてみるといいでしょう。

聞くのが苦手という方は足元をヘッドライトで照らしてみて、タチウオの魚影がないか確認するのも手です。

ただ、このやり方は近くに他のアングラーさんがいない時にやってください。嫌がる方もいらっしゃいます。

タチウオの防波堤から上手に釣る方法に関する参考画像

 

スポンサーリンク

アワセ方

タチウオを食い方が下手な魚と言われているので、小さなあたりがありますが、アワセても中々掛からないです。

そのため強いあたりが来るまで無理にアワセずルアーをアクションさせて行きましょう。

大きなあたりがあっても強くアワセず軽くアワセて上げてください。

軽くアワセてからリールを巻いて暴れるのを確認してから、少し強くアワセて上げるといいです。

後はドラグを調整しながらラインが緩まないようにリールを巻いて行きましょう。

これだけで簡単に釣れます。

どんなルアーを使うの

タチウオの釣り方と言っても色々な釣り方があります。

ここでご紹介するのはルアーを使って簡単にタチウオを釣る釣り方です。

私がタチウオを釣る時に良く使うのがテッパンと言われる鉄製のバイブレーションタイプのルアーとメタルジグとい言われるこちらも鉄製のルアーです。

 

タチウオの防波堤から上手に釣る方法に関する参考画像

 

スポンサーリンク

タックルのアクションの仕方

干潮時・満潮時によってルアー使い分けると釣果を得やすいです。

例えば、満潮時はバイブレーションで表層を、干潮時にはメタルジグでボトムを狙います。

ここではバイブレーション・メタルジグのアクションの仕方をご紹介します。

 

バイブレーションの場合

アクションは、スットプ&ゴーです。

先程ご紹介した「テッパン」と言われるルアーを使いキャストしてカウントダウン「1秒、2秒、3秒・・・」してから探りたいレンジを変えていきます。

キャストして着水を確認後カウントダウンを行い「タダ巻」で3回巻いて3秒(状況に応じて秒数を変える)ストップします。後は、これを繰り返すだけで大丈夫です。

ストップすることでが食う間を作って上げる必要があります。

3回巻いて待ってる間の3秒間であたりが来るので軽く合わせて上げてください。

 

メタルジグの場合

アクションは、リフト&フォールです。

キャストしてからメタルジグをボトムまで落とします。

この時にラインを指で軽く摘んで置くと着底がわかりやすいです。

着底を確認後1回シャクリに応じてラインを1巻きこれを3回連続で行います。

3回シャックた後はテンションフォールというやり方でラインを張った状態でボトムへ落とします。着底後再びシャクリというやり方です。

何故テンションフォールかというとタチウオは食うのが下手なのでテンションフォールでゆっくりボトムに落としてあげることで食う間ができるからです。

基本的にフォール中にガツンと来ますので軽く合わて上げてください。

 

スポンサーリンク

 

タチウオが防波堤でバンバン釣れる!自作のルアー仕掛けの作り方

ここまで紹介してきたものの、じゃあ何が必要?仕掛けはどうやって作るの?と思われると思います。

そのためここでは私がおすすめしている「必要なもの」「仕掛けの作り方」についてご紹介していきます。

 

必要なもの

①ロッド

硬すぎず柔らかすぎないロッドがいいです。

おすすめはスーパーライトショアジギング用かエギングロッドです。

 

②.メインライン

ラインは「PEライン」「フロロカーボン」・・・と色々ありますがPEラインがおすすめです。

大体0.4〜0.6号がいいでしょう。

下記のラインは価格帯も安く、私も使ってますがライントラブルも特になく使えてます。

 

タチウオのサイズにもよりますが3〜5号のものを選ぶといいでしょう。
③.リーダ

因みに私は3号のリーダを使っていますが切られる事は特にないですね。

ただ頻回にリーダーが傷んでいないかの確認は必要になります。

 

仕掛けの作り方

①ラインとリーダを結ぶ結び

ラインとの結び方は「FGノット」をおすすめします。

因みに私は堀田式のFGノットを使ってます。

 

②リーダーはの先にサルカンをつける

※サルカンを付けなくても大丈夫ですが、付けたほうがルアーを変更する時にリーダーが短くならなくてすみます。

クリンチノットが簡単です。
私もこのやり方でやっていますが問題はないです。
↓フィッシングギャングのアズサさんが紹介するほどなのでおすすめしています。

 

③サルカンにルアー付ける

④いざ、キャスト!!

タチウオの防波堤から上手に釣る方法に関する参考画像

 

↓実際の釣果です。

1〜2時間以内の釣果です。

これ以外で5匹ほど釣れましたが指1本の太さだったのでリリースしました。

タチウオの防波堤から上手に釣る方法に関する参考画像

スポンサーリンク

タチウオ向けおすすめロッド

 

ソルパラ SPX-942SSJ

コスパがいいのがいいですね。

実際に私も使っていますが、何と言っても軽いのがいいですね。。

汎用性も聞きますし、上記で紹介した釣果の画像も実際にこのロッドを使っての釣果です。

初めて釣りを始める方でコストを抑えたい方にはおすすめしています。

是非興味がある方はここからチェックしてください↓↓

 

ソルパラタチウオワインドモデル SPX-832MLW

タチウオ一筋で釣りたい方は是非ワインドモデルをおすすめします。

何と言ってもタチウオ用に設計されたロッドなのでドラゴンサイズのタチウオも釣ることが出来ます。

タチウオ向けとは言っても他の中型の魚も狙えるのでおすすめです。

是非興味がある方はここからチェックしてください↓↓

タチウオ向けおすすめリール

クレスト3000

タチウオも含めスーパーライトショアジギングを始める方には、金額も安くもってこいのリールです。

是非興味がある方はここからチェックしてください↓↓


ダイワ リール レガリス LT3000-CXH

クレストよりワンランク上の製品です。ドラグもより微調整できるようになっています。

是非興味がある方はここからチェックしてください↓↓

 

クレスト・レガリスは私も使っていますがとても扱いやすいです。

おすすめとしてはレガリスの方がおすすめドラグの調整が細かくできます。

因みにどちらのリールもタチウオの釣果はありです。

 

スポンサーリンク

タチウオ向けおすすめルアー

ジグパラ マイクロ

おすすめのカラーはグロー系がいいですね。

こちらは10gですが15gでもいいです。

比較的ジグパラは安いの根掛かりしやすいジグにはとても財布に優しいです。

ただ巻きだけでも使えるのでシャクルだけではなく色々なアクションで使えます。

一度青物が掛かったこともあります。

是非興味がある方はここからチェックしてください↓↓

 

ジャクソン リアクションボム

こちらも低価格で5gながら表層を「ストップ&ゴー」するだけでタチウオがガンガン当たってきます。

実際の釣果としてもこれが一番多く、もっとも簡単に釣果を得られると思います。

是非興味がある方はここからチェックしてください↓↓

 

まとめ

今回は、

  • ルアーでタチウオを防波堤から上手に釣る釣り方
  • タックルのアクションの仕方
  • 必要なもの
  • 仕掛けの作り方
  • タチウオおすすめのロッド
  • タチウオおすすめのリール
  • タチウオおすすめのルアー

について紹介しました。

 

私も今回紹介した以外のやり方でタチウオを狙っていましたが、紹介したやり方がもっとも簡単で釣果が得ることが出来ました。

 

釣りを初めて見ようかなって思われている方でどの竿がいいか分からないって方は上記で紹介しているロッドだと財布にも優しいです。

それに釣具屋に行くのもいいのですが、やはり高いものを買わされる事が多いので初心者の方にはあまりおすすめではないですね。

なので釣りを初心者から始める方にはコストを抑えてスタートして経験を積んでからコストを掛けていくのが一番です。

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

 

スポンサーリンク