ニゴイをルアーで狙う簡単な釣り方や仕掛けは?おすすめ時期やポイントを紹介!

ルアー釣り

スポンサーリンク

 

こんにちは!

 

気軽に大物とファイトしたい。そんな欲求を満たしてくれるのがニゴイです。

サイズも大きいもので60~70cmと大型になり、引きもパワフルで迫力があります。

時期を選べば初心者にも釣りやすいため、大物釣りの練習にももってこいと言えるでしょう。

 

この記事では「ニゴイをルアーで釣りたい!」と考えている方に、

  • 簡単な釣り方や仕掛け
  • 釣りに行くおすすめの時期
  • 釣り方のポイントやコツ

についてまとめていきます。

ぜひ最後までチェックして、ニゴイをルアーで釣りあげましょう!

 

スポンサーリンク

ニゴイをルアーで狙う簡単な釣り方や仕掛けは?

ニゴイをルアーで簡単に釣る方法は、フラッシング効果の強いルアーを使用する事です。

そういった方法でニゴイを簡単に釣るために必要なルアーは、

  • スプーンやスピナー
  • メタルバイブレーション

がおすすめです。

ルアーの動かし方やコツも紹介します!

釣り方

ニゴイは口が下向きに付いているため、基本的にはボトムを攻めるのが良いでしょう。

 

スプーンやスピナーの場合は、ただ巻きで使用する方法が効率よくニゴイを探ることができます。

ボトムをズル引くかどうかのスピードで、ゆっくり巻いていくのがおすすめです。

中層まで浮いてしまうとフッキング率が低下するので、うっかり早く巻かないように注意しましょう!

 

メタルバイブレーションの場合小さめのリフト&フォールがおすすめです。

アクションを加えることにより、フラッシング効果が強くなるので、リアクションバイトを狙えるでしょう。

またボトム付近のただ巻きも効きますので、リフト&フォールと織り交ぜるのもおすすめです。

 

おすすめ仕掛け

ニゴイのルアー釣りにおすすめの仕掛けは、

  1. ダイワ レーザーチヌークS
  2. スピナー AR-スピナー
  3. フラッシュユニオン フルメタルソニック

です。

それぞれのおすすめポイントを紹介していきます。

 

ダイワ レーザーチヌークS

ダイワから発売している、トラウト用のスプーンです。

レーザーホログラムという特殊な模様をしており、独特のフラッシング効果が期待できます。

濁りが入っていてもアピール力が強く、ニゴイにも実績のあるルアーです。

created by Rinker
¥756 (2022/08/18 02:21:20時点 楽天市場調べ-詳細)

 

スミス AR-スピナー

スミスから発売している、川釣りで実績のあるスピナーです。

他のスピナーよりも、先端のブレードが早く回転することによりアピール力が強いのが特徴です。

ニゴイはもちろん、川のフィッシュイーター全般に実績があります。

そのためアングラーからの支持も高く、名作ルアーと言われているスピナーです。

 

フラッシュユニオン フルメタルソニック

フラッシュユニオンから発売している、極薄ボディのメタルバイブレーションです。

ボディが薄くなっていることで、切れの良いアクションと抜群の飛距離を出すことができます。

重さも2.5~18gまであり、状況に合わせて使用できるので、ぜひ用意しておきたいメタルバイブレーションです。

 

ニゴイのルアー釣りがおすすめの時期・シーズンは?

ニゴイのルアー釣りがおすすめの時期・シーズンは、4~6月の産卵期です。

それぞれの季節のポイントを紹介しますね。

☆春

4月に入ると水温も暖かくなり、ニゴイ釣りのシーズンインとなります。

この時期はニゴイの産卵期で、浅場に群れを作り始めます。

ルアーに果敢にアタックしてくるため、初心者にも釣りやすいおすすめの時期です。

7月に入る頃にはニゴイの産卵も終わり、活性が落ちてしまいます。

ルアーには反応するのですが、あまり長い距離を追わないでしょう。

短い距離でバイトに持ち込む必要があるため、特にスプーンやメタルバイブレーションなどのフラッシングの強いルアーがおすすめです。

水温も下がり、ニゴイの適水温になります。

春ほどではないですが、秋もニゴイを釣りやすい時期です。

群れは作りませんが、浅場に広く散らばるので、ランガンで攻めるのが良いでしょう。

完全に水温も低くなり、ルアーをあまり追わなくなります。

深い場所で冬を越すため、ニゴイを釣るのに適していないでしょう。

 

ニゴイのルアー釣りでおすすめの場所・時間帯・天候は?

ニゴイのルアー釣りでおすすめの条件は、

  • 場所…中流から下流域
  • 時間帯…朝マズメ・夕マズメ
  • 天候…晴れの日
  • です。

それぞれ解説していきます。

場所

ニゴイを釣るのにおすすめの場所は、河川の中流から下流域です。

ニゴイは比較的流れが穏やかな水域で、水底が小石や砂利になっている場所に棲息しています。

中流から下流域はそういった条件が揃っており、ニゴイを狙うのに適したポイントです。

時間帯・天候

ニゴイを釣るのにおすすめの時間帯は、朝マズメ・夕マズメです。

朝マズメや夕マズメは明るさが変わる時間帯で、ニゴイもよくベイトを追う時間帯です。

ルアーでも釣りやすくなる、ゴールデンタイムと言えるでしょう。

 

またおすすめの天候は、晴れの日です。

晴れている日は水温も上がりやすく、ニゴイが釣れる実績が高いです。

もしも田植えの影響で川が濁ってしまっても、太陽光でフラッシング効果が高まるため、視界が悪くてもニゴイにアピールできます。

 

スポンサーリンク

ニゴイのルアー釣りに挑戦してみよう!

ニゴイをルアーで狙う簡単な方法は、

  • スプーンやスピナーのただ巻き
  • メタルバイブレーションのリフト&フォール

といった釣り方が釣りやすいでしょう。

 

そういった方法で釣る際のおすすめルアーは、

  • ダイワ レーザーチヌークS
  • スピナー AR-スピナー
  • フラッシュユニオン フルメタルソニック

といったものが扱いやすいです。

 

ニゴイを釣りやすい時期は、4~6月の産卵期がおすすめです。

浅瀬に群れを作る習性があるので、目で確認して釣ることができます。

 

ニゴイを釣るのにおすすめの場所や時間帯は、

  • 流れが穏やかな中流から下流域
  • ルアーを追いやすくなる朝マズメ・夕マズメ
  • フラッシング効果が高まる晴れの日

以上の条件が揃うと、釣果を伸ばすことができるでしょう。

 

ニゴイはエサを吸い込んで食べる魚なので、ルアーを飲み込まれる事も多いです。

そのため、ロングノーズタイプのプライヤーがあると、楽にルアーを外すことができます。

ニゴイにもダメージが残りにくいので、ぜひ用意してニゴイのルアー釣りを楽しみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク