コウイカをルアーで簡単に釣る方法は?おすすめ時期やポイントを紹介!

スポンサーリンク

こんにちは!

コウイカのルアー釣りは、テクニックが必要で難しそうなイメージがありますよね。

実は、初心者やお子様でもポイントをおさえれば、
とても簡単に釣ることができるんです。

さらに、見た目とは裏腹にとっても美味しいことも魅力的。

一度、コウイカのルアー釣りに挑戦してみませんか?

この記事ではコウイカをルアーで釣りたい!と考えている方に、

・簡単に釣る方法
・釣りに行くおすすめの時期
・釣り方のポイントやコツ

についてまとめていきます。

ぜひ最後までチェックして、コウイカをルアーで釣りあげましょう!

スポンサーリンク

コウイカをルアーで簡単に釣る方法は?動かし方やコツを紹介

コウイカをルアーで簡単に釣る方法は、ルアーを確実に着底させてズル引きすることです。

コウイカは底を這って過ごしています。
また、砂や泥に潜ってエサを狙っていることが多いです。

そのため、確実にルアーを着底させて、ズル引きすることをおすすめします。

ルアーの動かし方やコツも紹介します!

動かし方

ルアーの動かし方は、「ズルズル引いて止める」を繰り返しましょう。

コウイカをルアーで簡単に釣る方法は?おすすめ時期やポイントを紹介!

ルアーを投げたら確実に着底させます。
その後、海底をズルズルと「ルアーを引いて止める、引いて止める」を繰り返します。

コウイカは、海底に沈んだ死んでいるエサも捕食するため、
長い時間ルアーを底にステイさせておく方法もおすすめです。

コツ

ルアー釣りのコツは、ルアーを海底から離さないように誘うことです。

コウイカはあまり泳ぐ能力ありません。
海底でべったりくっついて活動しているため、底を攻めるのが基本です。

コウイカをルアーで簡単に釣る方法は?おすすめ時期やポイントを紹介!

ルアーを浮かしてしまうと釣れにくいので、
シャクリなどあまり大きなアクションは逆効果になります。

ルアーを海底から離さず、ほとんど動かさないようなアクションで誘うのがおすすめです。

コウイカをルアーで釣るおすすめの時期・シーズンは?

コウイカをルアーで釣るおすすめの時期・シーズンは、春と秋です。

それぞれの季節のポイントを紹介しますね。

春☆

春先の4月〜5月が狙い目です!

春の中でも4月~5月は、コウイカの産卵時期です。
そのため、釣れるのは親イカで、30cm前後の大型が期待できます。

また、産卵のために接岸してくるので、数釣りも楽しめます。

この時期のコウイカは餌に対して果敢にアタックしてくるので、
アタリが分かりやすく、初心者にもおすすめです。

夏はオフシーズンですが、意外と釣れることもあります。

この時期は産まれたての小さなコウイカ、または卵の状態であるため釣れません。
しかし、以下の2つの場合で釣れる可能性があります。

  • 「居残りイカ」春に産卵できなかったコウイカが初夏に産卵をする場合
  • 「早生まれイカ」春先に産卵した卵が早めに孵化して成長してきた場合

夏はオフシーズンだからと決めつけず、ぜひチャレンジしてみてください。

コウイカを狙う釣り人の数も少ないのでコウイカにプレッシャーがかかりにくく、
意外と釣れる可能性もありますよ。

秋☆

秋は小型ですが、数釣りが楽しめます!

秋は春先に産卵し、夏の終わりに孵化したコウイカが、
ある程度成長するため、小さなコウイカが釣れる時期です。

サイズは小さめですが、多くの卵から孵化するため、数釣りが楽しめます。

陸から狙うと釣れません!

寒い時期になり、海の水温が下がると、
コウイカは水深が深い場所へ移動してしまいます。

そのため、陸からルアーを投げて釣ることが難しい時期になります。

水温の高い地域など場所によっては釣れるでしょう。

コウイカをルアーで釣るおすすめの場所・時間帯・天候は?

コウイカをルアーで釣るおすすめ条件は、

  • 場所…湾内の堤防
  • 時間帯…夜
  • 天候…晴れと曇り

です。

それぞれ解説していきます。

場所

コウイカをルアーで釣るおすすめの場所は、湾内の堤防です。

コウイカは、砂底や泥底で穏やかな場所を好みます。
それは、砂に紛れてエサを待つ習性があるためです。

そのため湾内の砂底や泥底の堤防がおすすめで、水深は10m位あるとより良いです。

よく分からない場合は、コウイカが吐いた墨の跡がある場所をおすすめします。

時間帯・天候

コウイカをルアーで釣るおすすめの時間帯は、夜です。

コウイカは夜行性なので、夜の方が活性が良いです。
狙うポイントは、小魚が集まってくる常夜灯周りをおすすめします。

コウイカをルアーで簡単に釣る方法は?おすすめ時期やポイントを紹介!

日中でも底を攻めると、釣れなくはありませんが、
明るい時間帯は岩陰や藻場の陰に隠れていることが多いです。

コウイカをルアーで釣るおすすめの天候は、晴れと曇りです。

コウイカは、視力が弱いためシルエットでエサと判断します。

雨の日は海水が濁ることで、コウイカはルアーを見つけにくいのです。
そのため、雨の降り始めなら問題ないですが、晴れや曇りの日がベストです。

コウイカ釣りにおすすめのルアー5選!

コウイカ釣りにおすすめのルアーを5つ紹介します!

  1. デュエル「パタパタQ ラトル」
  2. キーストン「早福型/邪道編」
  3. マルシン漁具「スーパードンコ ブラック 3.5号」
  4. シマノ「セフィアクリンチ フラッシュブースト」
  5. デュエル「ウルトラスッテコウイカ」

それぞれのおすすめポイントを紹介していきます。

デュエル「パタパタQ ラトル」

「音」「発色」「波動」のアピール力が強いルアーです。

ラトルには、エビが逃げる時の音が再現されています。

夜光ボディであり、コウイカにどの角度からも光でアピールします。

キーストン「早福型/邪道編」

邪道でもコウイカを釣りたい方向けです。

ルアーにエサをくっつけてコウイカを誘う方法です。

とりあえずコウイカを釣りたい!といった釣果重視の方におすすめします。
たとえエサをくっつけなくても、激しくアクションできるルアーです。

マルシン漁具「スーパードンコ ブラック 3.5号」

黒色が特徴のルアーです。

ルアー全体が強く発光するため、夜釣りにおすすめです。

また、明るい時間帯や、濁りのある状況にもシルエットがはっきりでるルアーになります。

様々な状況に対応できる黒色のルアーを試してみてください。

シマノ「セフィアクリンチ フラッシュブースト」

ステイ中にもアピールできるルアーです。

ルアーの姿勢に変化がなくても、反射板が揺れるため、
ステイ状態でも光でアピールします。

フォールやステイが重要なコウイカ釣りに効果的なルアーです。

デュエル「ウルトラスッテコウイカ」

バラシが非常に少ないルアーです。

コウイカ専用の大きなカンナが装着されているのが特徴です。

そのため、圧倒的にバラシが少なく、安心できるルアーになります。

値段は少々お高めですがバラシが少なく釣果につながりやすいのでおすすめです。

 

コウイカのルアー釣りに挑戦してみよう!

コウイカをルアーで簡単に釣る方法は、ルアーを確実に着底させてズル引きすることです。
海底をズルズルと「ルアーを引いて止める、引いて止める」を繰り返しましょう。

コツは、ルアーを海底から離さないように誘うことです。
シャクリなどあまり大きなアクションは逆効果のため注意してください。

コウイカをルアーで釣るおすすめの時期・シーズンは、春と秋です。
春先の4月〜5月は30㎝前後の大型が釣れる可能性があります。
秋は小型ですが、数釣りが楽しめます!

コウイカをルアーで釣るおすすめの場所と時間帯は、湾内の堤防で夜です。
コウイカが吐いた墨の跡がある場所も狙い目です。
また、夜釣りでは常夜灯周りをおすすめします。

コウイカはコツを掴めば簡単にルアーで釣ることができます。
夜に狙う方は足元に十分注意して、ぜひ挑戦してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク