キス釣りにおすすめの時期まとめ!シーズン別ちょい投げにぴったりの時間帯はいつ?

釣りの時期

スポンサーリンク

 

こんにちは!

今回はキス釣りをちょい投げで釣る時に、おすすめの時期や時間帯について説明していきます。

キスの正式名称は「シロギス」、別名「砂浜の女王」と言われており、白く透き通っていて綺麗な魚です。

釣れるサイズは平均10〜20cm程度、大型になると30cmまで成長し引きも強く釣り応えがあります。

 

キスはシーズン中であれば、ちょい投げで手軽に狙える人気ターゲットです。

しかし、時期や時間帯によっては一匹も釣れないこともあります。

そうならないためにも、キスが釣りやすい時期や時間帯を知っておくことが大事です。

 

シーズンごとの習性が分かれば、キスは簡単に釣れますよ!

スポンサーリンク

キス釣りにおすすめな時期は?

場所にもよりますが、キスはほぼ一年中狙って釣ることができます。

ちょい投げでキスを狙う場合、春〜秋にかけてがシーズンとなります。

特に初夏から初秋あたりまでが、遠くに投げなくても比較的簡単にキスが釣れるのでおすすめの時期です。

それでは季節ごとにキスの習性を交え、詳しく説明していきましょう。

3月半ば頃から気温や水温が上がってくると、キスが深場から浅場へ移動し始めます。

その頃からシーズンが開幕し、比較的サイズが良いキスから釣れ始めます。

しかし数は少ないので、回遊しているキスを広範囲に探りながらの釣りがおすすめです。

堤防なら足場もいいですし、重めの仕掛けを扱えるちょい投げタックルで、移動しながらキスを狙うのがいいでしょう。

 

5月末になると本格的にシーズンインとなり、安定してキスが釣れ始めます。

春は太陽が出ていないと水温も上がりにくいので、晴れた日がおすすめです。

夏☆

6月を迎え更に水温が上がると、産卵準備に入ったキスが更に浅場へと移動し荒食いを始めます。

昼間でも大型が狙いやすいシーズンです。

7〜8月になると水深1m前後の浅瀬まで寄ってきて、ピンギスという体長10cm以下の個体が大きな群れを作ります。

そのため軽めのちょい投げタックルでも、砂浜から十分に数釣りが楽しめるでしょう。

一日中、同じ場所でキスが釣れ続く可能性が高くなります。

 

ただし水温が上がりすぎると、キスも少し深場に落ちていきます。

場所に悩んだ際は砂浜と堤防が近い釣り場を選ぶと、天候による水温変化に対して臨機応変に行動できるでしょう。

 

数釣りメインになるので、ちょい投げでキスをたくさん釣りたい人は夏がおすすめの時期です。

9月下旬になると徐々に水温が下がっていき、キスは夏よりも深場に移動していきます。

そうなると、砂浜から釣れる数も徐々に減っていきます。

 

10月になり更に水温が冷たくなってくると、越冬準備のためエサを積極的に探すようになります。

そのため、場所やタイミング次第では数、サイズ共に釣りやすい日があります。

安定した釣果を求めるなら、水深が深めの場所にある堤防からが釣りやすいでしょう。

11月を過ぎた頃から、サイズの小さいキスから順に深場へと落ちていきます。

体力のある大型のキスは、ちょい投げで攻めることができる範囲に最後まで残るため、大型を釣るならここがラストチャンスです。

海が荒れているとキスの活性も下がるため、波が穏やかなタイミングがいいでしょう。

 

年明けには大型個体も深場に落ち、完全にシーズン終了となります。

それくらいの時期になると遠投でも難しく、水深20〜30m付近を船から狙う釣りになります。

 

ちょい投げキス釣りにぴったりの時間帯は?

キスは日が出ている時間帯なら、一日中釣ることができます。

その中でも釣りやすい時間帯があり、条件が絡めば爆釣も夢ではありません。

 

では日中でのちょい投げにぴったりの時間帯とは、どんなタイミングなのでしょうか?

キスは明るくなると、砂から出てエサを探し始めます。

特に朝まずめ時は、キスのエサであるゴカイやイソメも砂から出てきやすくなります。

そのタイミングでキスも食欲旺盛になるので、比較的釣りやすい時間と言えるでしょう。

しかし、朝は水温が一番低くなる時間帯なので、春と秋はキスの活性が上がりきらない日が多いです。

昼☆

明るい時間帯になると、完全にキスは砂から出て群れを作ります。

コンスタントに釣るなら、昼に釣行するのがおすすめです。

多少の曇りでも水温は上昇するため、春と秋でもキスを釣るのにぴったりな時間帯です。

更に潮が回り出すと、キスの活性が上がるためチャンス到来です!

釣行前に潮見表をチェックすることで、大量釣果に繋がるでしょう。

夕まずめと言われる時間帯も、キスの活性が上がり始めます。

日が沈んで涼しくなるため、真夏は夕まずめが釣りやすい時間帯でしょう。

 

しかし、キスは夜が近づくと砂の中に身を隠すため、暗くなるにつれて群れで行動する個体が少なくなっていきます。

完全に日が沈んでもキスは釣れるのですが、昼間に比べると釣れる数は少ないです。

そうなると夕まずめは時間との勝負になるため、手返し良く釣るのが数を伸ばすコツです。

スポンサーリンク

まとめ

キスをちょい投げで狙う際、誰でも楽しめる一番おすすめの時期は夏です。

大型を狙いたいならシーズン序盤か終盤、数釣りをするなら初夏からがベストと覚えておきましょう。

 

また釣れる時間帯も考慮し、釣行当日に向けて予定を組むと楽しい釣行になるでしょう。

キスは昼の明るい時間が、季節を問わず安定して釣れるためおすすめです。

昼でも、潮が動き出す時間と絡めば更に釣果が伸びるでしょう。

キスのちょい投げが楽しめる時期は、熱中症になりやすい日が多くなります。

しっかり水分補給をし、体調に気をつけて釣りを楽しみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク