ダツをルアーで狙う簡単な釣り方や仕掛けは?おすすめ時期やポイントを紹介!

ルアー釣り

スポンサーリンク

 

こんにちは。

ダツは、日本の沿岸部に広く生息している魚です。

にもかかわらず、釣り人からの人気が低いため、外道とよばれる残念な魚として扱われています。

しかし、性格が獰猛で魚食性が非常に強いため、ルアーに対する反応がとても面白い魚です。

この記事では「ダツをルアーで釣りたい!」と考えている方に、

  • 簡単な釣り方や仕掛け
  • 釣りに行くおすすめの時期
  • 釣り方のポイントやコツ

についてまとめていきます。

ぜひ最後までチェックして、ダツをルアーで釣りあげましょう!

ダツをルアーで狙う簡単な釣り方や仕掛けは?

ダツをルアーで簡単に釣る方法は、ルアーを常に動かしながら、表層付近でキープすることです。

おすすめの仕掛けは以下の三つです。

  • ポッパー
  • ミノー
  • ペンシルベイト

ルアーの動かし方やコツも紹介します!

動かし方

ポッパーは、空気をカップに含ませながら、水中にほんの少しだけルアーを突っ込ませるポッピングとよばれる動きと、ポッパーが発する音で、ダツを誘います。

ミノーは、一定スピードでリールを巻くただ巻と、巻いて止めるを繰り返す、ストップ&ゴーを繰り返すことで、ダツに存在をアピールします。

ペンシルベイトは、ロッドアクションでルアーを左右に振らせる、ドッグウオークアクションとよばれる動きで、ダツの興味を引きます。

コツ

ダツ釣りのコツは、ルアーを沈めないことです。

ルアーを沈めてしまうと、ダツの視界に入らなくなるので、ルアーを表層付近で漂わせることを意識しましょう。

ルアーの動きが速すぎたり、激しすぎると、ダツがルアーを追いきれなくなるので、動きはダツに合わせて調整すると良いです。

ダツは、口が細く、しかも硬いので、しっかりアワセをしないと、針が外れてしまいます。

また、ルアーに向かって勢いよく突っ込んでくるので、口以外に針がかかって釣れてしまうことも良くあります。

おすすめ仕掛け

ダツのルアー釣りにおすすめの仕掛けは、

  1. バスディクリスタルポッパー55s(ポッパー)
  2. フローティングミノー118㎜19gトップウオーター(ミノー)
  3. BlueOceanペンシルベイトルアーセット5.5g65㎜(ペンシルベイト)

です。

それぞれのおすすめポイントを紹介していきます。

バスディクリスタルポッパー55s(ポッパー)

メッキルアーの定番で、キラキラした透過光によって、ボディ全体で光を反射し、小さくてもアピール力があります。

ポッパー特有の音を発することで、更なるアピールを狙います。

フローティングミノー118㎜19gトップウオーター(ミノー)

水面に浮き上がるのが特徴で、初心者にも扱いやすいルアーです。

水面から水深30㎝までの浅いレンジに対応しているので、ダツの視界に入りやすく、ユラユラと揺れる動きで存在をアピールします。

BlueOceanペンシルベイトルアーセット5.5g65㎜(ペンシルベイト)

水面を這うように動き回るのが特徴で、トップウオータールアーとして、古くから多くの釣り人に親しまれています。

初心者でも比較的簡単に、キレの良いドッグウオークアクションを演出することができるので、思う存分ダツの興味を引き付けてくれます。

 

ダツのルアー釣りがおすすめの時期・シーズンは?

ダツのルアー釣りがおすすめの時期・シーズンは、夏から秋にかけてです。

それぞれの季節のポイントを紹介しますね。

沿岸部に多数生息はしていますが、浅瀬の方にまで寄ってこない時期なので、ダツだけを狙って釣ることは、難しいでしょう。

ほかの魚を狙っていたのに、ダツが釣れてしまったというケースが多々あります。

☆夏☆

夏は、ダツ釣りに最もおすすめの時期と言えます。

理由は、夏から秋にかけて河口や防波堤に群れで回遊してくるので、泳いでいる姿をよく目にすることができるからです。

大量の群れを見つけることができれば、かなりの釣果が期待できるでしょう。

☆秋☆

夏に続いて秋も、ダツ釣りに最もおすすめの時期と言えます。

理由は、夏と同じで、表層付近にたくさんのダツが回遊しているのを確認できるので、魚影を見ながらルアー釣りを楽しむことができます。

夏から秋にかけては、河口や防波堤で、ダツの群れを確認できましたが、冬になると、回遊場所が変わるため、見かけることが少なくなります。

春と同様に、まったく釣れないことはありませんが、ダツだけを狙って釣ることは、難しい時期と言えます。

ダツのルアー釣りでおすすめの場所・時間帯・天候は?

ダツのルアー釣りでおすすめの条件は、

  • 場所…河口、防波堤
  • 時間帯…朝昼夕
  • 天候…晴れ、くもり

です。

それぞれ解説していきます。

場所

場所は、河口や防波堤で、ダツが回遊している表層付近を回遊しているダツを探しましょう。

表層付近を回遊しているダツを発見できれば、そこが絶好のポイントになります。

ポイントさえ押さえれば、釣り上げるのは時間の問題です。

時間帯・天候

時間帯は、朝、昼、夕を選びません。

しかし、夜だけは避けた方がいいでしょう。

夜釣りに用いるライトで、ダツのいる海中をのぞき込むと、光に反応したダツが光に向かって突進してくることがあるので、注意が必要です。

実際に、ダツが体に刺さって負傷した釣り人もいますので、ダツの夜釣りは控えた方がいいでしょう。

また、ダツの口は細く、鋭い歯がたくさんついています。

掛かった針を外す時は、ダツの歯で怪我をしないように、注意してください。

風が強い日や雨の日、さらには波が高いとダツを見つけにくいので、海面が穏やかな日が、ダツ釣りに適している天候と言えます。

 

ダツのルアー釣りに挑戦してみよう!

ダツをルアーで簡単に釣る方法は、

  • ルアーを常に動かしてながら、表層をキープする
  • ルアーの種類に合わせて、動かし方を変える

です。

ダツのルアー釣りでおすすめの仕掛けは、

  • バスディクリスタルポッパー55s(ポッパー)
  • フローティングミノー118㎜19gトップウオーター(ミノー)
  • BlueOceanペンシルベイトルアーセット5.5g65㎜(ペンシルベイト)

です。

ダツには鋭い歯があり、ルアーが傷んで使えなくなってしまうことがあるので、複数用意しておくと良いでしょう。

ダツ釣りにおすすめの時期は、夏~秋にかけてです。

海面の穏やかな日を狙って、ダツ釣りに出かけてみては、いかがでしょうか。

ダツの群れを発見すれば、面白いように釣果が上がるので、ダツ釣りが楽しくなるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク