【海・河川】アメマス釣りにおすすめのルアーは?カラーの選び方やアクションを紹介!

ルアー釣り

スポンサーリンク

 

こんにちは!

 

アメマスはエゾイワナの降海型で、北海道から北東北では人気のターゲットです。

最大80cm程まで成長し、寒い時期でも強い引きで釣り人を魅了します。

しかし知識がないと、アメマスを釣るのは難しいでしょう。

 

この記事では「アメマスをルアーで釣りたい!」と考えている方に、

  • 簡単な釣り方や仕掛け
  • 釣りに行くおすすめの時期
  • 釣り方のポイントやコツ

についてまとめていきます。

ぜひ最後までチェックして、アメマスをルアーで釣りあげましょう!

 

スポンサーリンク

【海・河川】アメマス釣りにおすすめのルアーは?

アメマスをルアーで簡単に釣る方法は、小魚型のルアーを使用する事です。

海でアメマスを簡単に釣るために必要なルアーは、

  • メタルジグ
  • ミノー

河川でアメマスを釣る場合は、

  • スプーン
  • ミノー

がおすすめです。

それぞれ説明していきます。

海でアメマスを釣るためのおすすめルアー

アメマスを海で狙う場合メタルジグやミノーといった飛距離が出せるルアーがおすすめです。

 

メタルジグの特徴は、他のルアーよりもサイズが小さく、飛距離が出ることです。

ボディが鉛やタングステンでできており、小さいシルエットで遠くに飛ばすことができるので、遠くのポイントを探ることができます。

また様々な魚種を狙うことができ、アメマスにも効果的なルアーです。

使用するメタルジグの重さは、20~40g前後が良いでしょう。

 

ミノーの特徴は、しっかりとしたスイミングで広範囲のアメマスに強くアピールできることです。

ウォブリングアクションでブリブリ泳ぐため、アメマスに気付いてもらいやすいルアーと言えます。

海で使用する場合は、フローティングタイプのミノーが扱いやすいでしょう。

また使用するミノーの大きさは、100~150mm程度のロングサイズがおすすめです。

 

岡クラフト 岡ジグ

岡クラフトから発売している、細いシルエットのメタルジグです。

後方重心のため飛距離が優れており、ただ巻きでもローリング主体のアクションでアメマスを誘います。

北海道でのアメマス・サクラマス釣りで、高い実績を残しているルアーです。

 

デュオ タイドミノーSF

デュオから発売している、スローフローティングタイプのミノーです。

重心移動システムにより、狙ったポイントにしっかり遠投できるのが特徴です。

また流れが早い場所でも水絡みが良く、足元までしっかりと泳ぎ切ります。

 

created by Rinker
¥2,215 (2022/12/03 23:51:02時点 楽天市場調べ-詳細)

河川でアメマスを釣るためのおすすめルアー

アメマスを河川で狙う場合、スプーンやミノーといったルアーがおすすめです。

 

スプーンは、金属板でできたシンプルな形状のルアーです。

巻くとヒラヒラと動き、アメマスのバイトを誘発させます。

1枚単位の価格が安く、カラーや種類を揃えやすいのが嬉しいポイントです。

おすすめの重さは、5~18gが扱いやすいでしょう。

 

河川でミノーを使用する場合は、90mm前後のサイズが良いです

流れが早い場所を探るため、シンキングタイプをおすすめします。

 

ダイワ チヌークS

ダイワから発売している、渓流・本流用のスプーンです。

様々な重さがラインナップされており、河川だけでなく海でのアメマス釣りにも実績があります。

また1つあたりの価格が安いため、種類を集めやすいのが嬉しいポイントです。

 

デュオ スピアヘッドリュウキ

デュオから発売している、シンキングタイプのミノーです。

キャスティング性能を重視しているため、狙ったポイントに投げやすいルアーに仕上がっています。

大河川での大型トラウト専用モデルで、アメマス狙いでの使用もおすすめです。

 

 

【海・河川】アメマス釣りのルアーカラーの選び方やアクションをチェック!

アメマス狙いで使用するルアーカラーは、チャート系がおすすめです。

またルアーのアクション方法は、

  • メタルジグでリフト&フォールやただ巻き
  • ミノーのファーストリトリーブやジャーク
  • スプーンのただ巻き

で使用するのが良いでしょう。

詳しく説明していきます。

アメマス釣りのルアーカラーの選び方

アメマス釣りで使用するルアーのおすすめカラーは、チャート系に実績があります。

ピンクやイエローといったチャート系は、活性の高いアメマスにもアピールできますし、大型のスレたアメマスにも効果的なカラーです。

アメマスの活性を探るためのサーチにも適しており、1日を通して活躍するカラーと言えます。

しかし活性が高い場合はアカキンなどのアピールカラー、活性が低い場合はナチュラルカラーのほうが反応が良いため、種類は揃えておきましょう。

アメマス釣りのアクション

海で狙う場合のメタルジグの使用方法は、リフト&フォールやただ巻きなどで探るのが良いです。

アメマスはロックフィッシュや青物と違い、激しくアクションするルアーに対しての反応が薄いです。

ですのでリフト&フォールやただ巻きなどの、比較的大人しいアクションがおすすめでしょう。

 

海の場合も河川の場合も、ミノーの場合はファーストリトリーブやジャークといった方法がおすすめです。

ファーストリトリーブは1秒間にハンドルを2回転させる方法で、誰でも簡単にアメマスを釣ることができます。

ジャークは、ロッドを強く下方向に振り下ろし、水中で左右にダートさせるアクションです。

使い分けは、ナチュラルに喰わせたい場合はファーストリトリーブ、アピールさせたいならジャークで誘うようにしましょう。

 

河川でスプーンを使用する場合、ただ巻きで狙うのが良いでしょう。

ミノーよりもスローに誘えるため、準備しておくとアメマス攻略の幅が広がります。

またカラーも豊富に販売されているため、状況に合わせたものを選ぶのが釣果をあげるコツです。

 

アメマスのルアー釣りがおすすめの時期・シーズンは?

アメマスのルアー釣りがおすすめの時期・シーズンは、12~5月の冬から春までです。

それぞれの季節のポイントを紹介しますね。

ベイトを求めて沖を回遊していたアメマスは、3~5月になると河口近くに接岸します。

なぜかというと、この時期は川から降ってくる、サケの稚魚を捕食するためです。

岸から狙いやすくなるうえ、サイズも期待できるのでおすすめの時期と言えます。

水温が暖かくなると、アメマスは適水温を求めて遡上を始めます。

この時期は活性も下がり、なかなか口を使う個体も少ないため、難しい時期です。

夏に遡上したアメマスは、夏から秋にかけて産卵を始めます。

晩秋になり産卵を終えたアメマスは、ベイトを求めて降海する個体と、そのまま上流で越冬する個体に分かれます。

太平洋側は穏やかな河川が多いため、降海するアメマスが多いです。

産卵を終えたアメマスは、12~1月頃に海に降り始めます。

上流から降ってきたばかりのアメマスが狙えるため、おすすめの時期です。

しかし1月後半から2月末は、ベイトを求めて沖まで移動するので、遠投ができるタックルが良いでしょう。

【海・河川】アメマスのルアー釣りでおすすめの場所・時間帯・天候は?

アメマスのルアー釣りでおすすめの条件は、

  • 場所…アメマスが回ってきやすい河口
  • 時間帯…朝マズメ
  • 天候…雨の日
  • です。

それぞれ解説していきます。

アメマスを釣るのにおすすめの場所は、アメマスが回ってきやすい河口です。

産卵のために遡上する時と、ベイトを求めるために海へ降るタイミングは、必ず河口を通ります。

サーフや防波堤でも釣れるのですが、回遊次第で釣れる日と釣れない日が分かれやすいポイントです。

ですので、アメマスが回遊しやすい河口は、釣れるチャンスが多いポイントです。

 

アメマスを釣るのにおすすめの時間帯は、朝マズメです。

アメマスも他の魚と同様、朝マズメがベイトを積極的に捕食しやすいゴールデンタイムです。

また朝一は、他の釣り人が使用しているルアーを見慣れていないため、アメマスもアタックしてきやすいでしょう。

 

またおすすめの天候は、雨の日です。

アメマスは漢字で書くと雨鱒と書き、雨が降った日に良く釣れると言われています。

しかし晴れの日でも実績があるため、天候よりも回遊しているかどうかを重視しましょう。

 

スポンサーリンク

【海・河川】アメマスのルアー釣りに挑戦してみよう!

アメマス釣りにおすすめのルアーは、

  • 海で使用する場合は、メタルジグやミノー
  • 河川で使用する場合は、スプーンやミノー

を使用するのが良いでしょう。

そういったルアーでアメマスを釣るためのおすすめカラーは、チャート系に実績があります。

 

アメマスをルアーで狙うアクション方法は、

  • メタルジグでリフト&フォールやただ巻き
  • ミノーのファーストリトリーブやジャーク
  • スプーンのただ巻き

といった釣り方がおすすめです。

 

そういった方法で釣る際のおすすめルアーは、

  • 岡クラフト 岡ジグ
  • デュオ タイドミノー
  • ダイワ チヌークS

といったものが扱いやすいでしょう。

 

アメマスを釣りやすい時期は、12~5月の冬から春までです。

産卵前や産卵後に河口近くを通るため、簡単に狙いやすい時期です。

 

アメマスを釣るのにおすすめの場所や時間帯は、

  • アメマスが回ってきやすい河口
  • 朝マズメ
  • 雨の日

以上の条件が揃うと、釣果を伸ばすことができるでしょう。

 

アメマスは北海道から北東北と、釣れるエリアは限定的ではありますが、シーズンになると身近な場所で大物が狙えるターゲットです。

シーバスタックルがあればすぐに挑戦できるので、ぜひアメマス釣りにチャレンジしてみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク