中之島漁港には近海の漁港はもちろんの事、日本全国の港から活魚が運び込まれてまいります。
産地の恵みと仕事人のこだわりがもたらした、それぞれの鮮魚がどれも、旬と共にその土地ならではの良さが味わえます。

根室港、花咲港、歯舞港、小樽港、羅臼港、
斜里港、網走港、猿払港、厚岸港

北方に広く展開する大陸棚、沖合には北見大和堆、武蔵堆など好漁場があり、日本全国の1/4 近い水揚げ高を誇る日本一の水産王国、北海道。海を豊かにする流氷が流れ着くオホーツク海をはじめ、日本海、太平洋の3 つの海に囲まれ、それぞれの海が持つ性質により同じ種類の魚でも違った成長を見せる。魚類を育てる親となる潮という意味で名付けられた千島海流・親潮が漁場を豊かにし、有する漁港の数は約300 近くと、日本最多を誇る。

北海道全域の魚を集める

北海道にある各漁港の情報を仲買人や漁師とリアルタイムに共有し、広い北海道の各産地から、うまいもんを集める北海道海鮮卸「にほんいち水産」を営む市川暁久さん。生産地の早朝戻りの漁船の鮮魚を買い付けし、全国約150店舗もの卸し先へ北海道の美味しさを届ける。また、自身も飲食店を経営することで、市場の声を仲買人、漁師へフィードバック。
漁師の名前指定で買い付けする最高ランクのウニやシマエビなど、細部にまで素材を吟味し直送。小樽漁港で揚がった魚介に関しては、塩分濃度を調節した雪のような人工海水を使って、魚介の鮮度を維持する最新の流通形式「シースノー」も採用。魚を凍らせないギリギリの温度で保ち、雪状で傷をつけずに運べ、足の速い魚介でも刺身で楽しめる。

鮮度を守るシースノー

「シースノー」は塩分を含んだ雪状の氷で、温度はマイナス1度。魚を輸送する際に使用すると従来のクラッシュアイスに比べて魚の鮮度を保つ特殊技術。
雪上のため魚体の傷みを防ぎ、魚体に近い塩分濃度なので浸透圧を保ち鮮魚を保持します。

北海の幸

にほんいち水産で仕入れる魚介は、質と適正価格が保証される各漁港で行われている「一番セリ」を通したもの。北海道を代表するウニ、イクラ、カニ、ホタテ、エビ、サケ、キンメダイ、キンキなど、北海道全土で水揚げされた折り紙付きの新鮮な魚介がズラリとそろう。地元ではお馴染みながら、これまで関西への流通が少ないイバラガニやセンキンツブといった食材も魅力だ。