中之島漁港には近海の漁港はもちろんの事、日本全国の港から活魚が運び込まれてまいります。
産地の恵みと仕事人のこだわりがもたらした、それぞれの鮮魚がどれも、旬と共にその土地ならではの良さが味わえます。

美しく活かされる明石昼網の魚介たち

日本有数の豊かな漁場として知られる瀬戸内海・明石沖は、明石海峡の潮流によってつくり出された複雑な地形に加え、魚のエサとなるエビやカニが豊富に育つ「鹿の瀬」と呼ばれる水深約2 ~ 20mの砂で覆われた丘陵地帯が広がるのが特徴。日光が届く浅い砂地で生まれた植物性プランクトンを動物性プランクトンが食し、それらをエビ、カニ、小魚が、さらにはそれらを成魚がエサとする。砂地は産卵場所・魚の育成場にもなり、完璧なまでの食物連鎖の構造が恵まれた漁場を形成している。

魚を活かす事にこだわる

人が走る活気あふれる光景が印象的な明石浦漁港のセリ。セリは活魚が基本で、船から水揚げされた魚はセリを待つ間、漁港の大部分を占める「プール」と呼ばれる水槽に入れられ、活きたままセリにかけられる。魚を活けで扱い、かつストレスを与えないよう、一回のセリは数秒で終了し、空気に触れる時間を極力減らすために、魚を足早に運ぶ人が行き交う。京阪神に近い地のりから、魚は活きているのが当たり前。「どういう状態で活かすかが大切」と話すのは明石浦漁業協同組合の宮部博行さん。セリの運営は明石浦漁業協同組合が行い、買い高トップの仲買人の機能も果たしている。そして明石浦漁港の漁師は全員専属で、他の漁港で水揚げできない仕組みになっており、漁師、仲買人、漁協組合が一丸となってクオリティの高い魚を届けるためのシステム作りに、日々励んでいるのだ。
また、豊かな海を支えようと、川で栄養が溜まるため池を作り海に流す「かいほり」を行うなど、先を見据えた活動にも漁港への思いが感じられる。

味と共に美しさを活かす技

鮮度を保つために行う明石浦漁港の「活け〆」には、魚のおいしさを最大限に引き出す職人技が光る。「活け越し」した魚を脳死させ、動かなくなった状態で臭みが残らないよう「血抜き」し、「神経抜き」される。「神経抜き」は、脊髄神経に針金を通し神経を抜くことで、脳から体の細胞へ死んだという情報の伝達が遅れ、結果、身の劣化の速度が遅くなるのだ。明石浦漁港では、これらの行程を、魚の尾を落とさずに行い、魚の見た目も大切にしている。船上で魚を丁寧に扱う漁師、その魚を美味しく届けるために特別な活け締めを施す漁協や仲買人の技が、「明石の魚は美味しい」という評判を支えているのだ。

明石鯛・明石だこ

明石浦の漁の多くは底引き網で、ほかに一本釣り、吾智網(ごちあみ)漁や延縄(はえなわ)漁という伝統漁法が行われている。底引き網漁では、海水を多くとりこみ袋状にし、魚を網の中で遊ばせるなど、ここでも魚を元気に保つ工夫が。全国的に有名なのは明石鯛や明石ダコだが、春のイカナゴ、冬に真鯛と肩を並べるほど脂がのるクロダイ(ちぬ)、明石のりなど、一年を通して100種類の魚介、海産物が揚がっている。午前中に水揚げされ、午前11:30からのセリにかられた魚は昼網と呼ばれ、新鮮な魚の代名詞としても親しまれている。