中之島漁港には近海の漁港はもちろんの事、日本全国の港から活魚が運び込まれてまいります。
産地の恵みと仕事人のこだわりがもたらした、それぞれの鮮魚がどれも、旬と共にその土地ならではの良さが味わえます。

京の都に運ぶ歴史が育んだ魚文化

万葉の昔より「御食向かふ(みけむかう)」を枕詩に詠まれた淡路島。若狭・志摩と並び、多くの食材に恵まれる淡路は、古くから中央政府のあった畿内に、海産物を中心とした数々の食材を納めてきた「御食国」(みけつくに)のひとつ。その中で岩屋漁港は、淡路島の北の玄関口として古くから栄えた港で、前の瀬で獲れるタイ・イカナゴ・ちりめん等が有名だ。明石海峡大橋の下をくぐる潮流は流れが速く、魚のエサが豊富で、
自然の漁礁が多い地形も特徴的な漁場である。

魚を活かす丁寧な仕事

「活きていなかったら扱わない」と語るのは、岩屋漁港から漁師として海に出る長太水産の山崎一馬さん。畿内に近いからこそ育まれた「魚は活きてて当たり前」の文化が、丁寧な魚の扱いと、美味しさを追求したひと手間に現われる。「活け越し」も魚を美味しく楽しむための欠かせない行程だ。揚がった魚を生きた状態で数日置いておく。そうすると胃の中のものや余分な脂がとれ臭みが無くなり、身もほどよく締まる。そのほか、季節によって魚の扱い方を変えたり、水槽に魚が偏ってストレスが溜まらないようにするための魚のエア抜きなど、随所に光るこだわりは見事。漁師と仲買人が密に情報を交換し、市場に出るまでの一貫した流れにも、魚文化を盛り上げようとする山崎さんら若い世代の気概が感じられる。

海と魚を知り尽くした男

多くの漁師達が凌ぎを削る中で、魚を獲る技術と扱う技術が発達した。魚を最良の状態で獲る事に徹する事で、底引き網漁では、魚種によって網の大きさ、幅、網目の違いをつくる事が発達した。

岩屋の真鯛

潮がぶつかる明石海峡には、自然に生まれた高低差の大きい漁礁が豊富にある。そのためプランクトンがあつまる溜まりができ、魚のエサとなるエビやカニも多く生息する。さらに潮流が速いため、四季折々にさまざまなエサが流れつき、魚のバランスよい食生活を実現しているのだ。春の桜鯛が有名だが、一番脂がのっているのは、産卵前の9~12月。雌は春に産卵期を迎えるので春は雄鯛(おんだい)、秋は雌鯛(めんだい)が美味い。潮にもまれ、ほどよく身のしまった岩屋の真鯛はお造りで味わうのはもちろん、その香りたつダシに天然ものならではの美味しさを改めて実感できる。