中之島漁港には近海の漁港はもちろんの事、日本全国の港から活魚が運び込まれてまいります。
産地の恵みと仕事人のこだわりがもたらした、それぞれの鮮魚がどれも、旬と共にその土地ならではの良さが味わえます。

伊勢志摩の大自然が育くんだ“宝の海”

志摩市東部、志摩半島の中央部東端に位置し、西は牡蠣で有名な的矢湾、北から東にかけて太平洋に面する自然に恵まれた伊勢志摩屈指の漁港「安乗漁港」。 伊勢志摩が育くむ立派な海の幸たちは、自然が生み出した独特な地形にもよる。特に安乗漁港界隈は、黒潮と伊勢湾に流れ込む山の栄養を蓄えた木曾三川、宮川の水、そしてリアス式の地形、岩礁など、自然が織りなす奇跡とも言える環境が、栄養豊富で、活力のある海を創り出している。宝の海と言われる由縁は、エサとなるプランクトンが多く、海が栄養満点がゆえ。さらに、周辺の海域は二枚潮と呼ばれる海面と海底で潮流が逆方向に流れている独特の海流を保持しているため、サバやアジなど本来回遊する魚も付近の海域に根付き、まるまる太っている。

宝の海を守る漁師

この恵まれた海を守るため、漁は主にはえ縄漁法が行われています。少量しか捕れない手法ですが、商品価値の無い稚魚は獲らずに出来るため、安乗の漁師達はこの漁法で漁を行います。貴重な海だからこそ、必要以上に漁獲しない事で宝の海を未来に繋げています。安乗の魚は形が良く、美しいと言われる理由にこうした漁師達の努力と愛情があってこそだと言えます。

船上の「札入れ」

魚を最高の状態で流通するために独自の手法を行っています。活きたまま水揚げされた魚は、移動で傷ついたり、ストレスがかからないよう、手を使わず船の生簀で泳がせたまま入札され、船から直接仲買・卸業者が引き取っています。船ごとに入札を行うのも安乗漁港ならではで、同じ魚でも扱い方ひとつで美味しさに格段の違いが生まれます。

三重認定ブランドあのりふぐ

「あのりふぐ」は、三重県志摩半島から伊勢湾、遠州灘にかけての沿岸地域で漁獲され、体重700g以上の天然トラフグに限定される。延縄漁を中心とした漁法で、現在漁期は冬の11月から2月の間。トラフグ稚魚の放流や捕獲したトラフグのうち体重700g以下の小型魚は再放流する。また、水揚げされたフグは、フグ同士がかみ合って体を傷付けないよう、釣りあげると同時に下あごの歯を切り取って生簀へ。ここでもこだわりが伺える。